小石川ユキBlog「色はにほへと」

日本の色、世界の色、デザイン、イラストレーションあれこれトーク

小石川ユキ&メリーチョコレートのバレンタインコラボ『マ・メール・ロワ』、大丸松坂屋百貨店にて発売!

f:id:yuki_koi:20150127014859j:plain

販売期間 20151月末(予定)−214日(土)

大丸松坂屋百貨店(全国16店舗)

各店舗バレンタインコーナーにて

★大丸松坂屋百貨店★限定発売のスペシャルパッケージで登場です。
みなさまどうぞよろしくお願いいたします⭐︎

 

『マ・メール・ロワ』とは?

フランス語で「マザーグース」の意味。

ヨーロッパで語られてきた古くからの伝承、物語、詩、言葉遊びの総称です。

小石川ユキが「マザーグース」の世界をアレンジ。

 

・ハンプティ ダンプティ

・オールド マザーグース

・ねことバイオリン

・おばあさんとくつの家

・ジャック&ジル

・メリーさんと羊などなど、

 

楽しくコミカルに「マザーグース」キャラクターを描き起こしています。

 

 

 

ラインナップは全部で9種類。

▪︎「マ・メール・ロワ フレンズ」6個入り

▪︎「マ・メール・ロワ フレンズ」12個入り

f:id:yuki_koi:20150127021359j:plain

▪︎「マ・メール・ロワ おばあさんの靴の家」6個入り

▪︎「マ・メール・ロワ おばあさんの靴の家」12個入り

f:id:yuki_koi:20150127021443j:plain

▪︎「マ・メール・ロワ ねことバイオリン」6個入り

▪︎「マ・メール・ロワ ねことバイオリン」12個入り

f:id:yuki_koi:20150127021516j:plain

▪︎「マ・メール・ロワ フォーチュンチョコレート」15個入り
占い師オフェリア・麗さんの占いシールつき

f:id:yuki_koi:20150127021540j:plain

▪︎「マ・メール・ロワ ハート」6個入り

▪︎「マ・メール・ロワ ハート」10個入り

f:id:yuki_koi:20150127021639j:plain

 

『マ・メール・ロワ』の主な販売店舗

①大丸   心斎橋店

②大丸   東京店

③大丸   京都店

④大丸   神戸店

⑤大丸   梅田店

⑥大丸   札幌店

⑦松坂屋  名古屋店

⑧松坂屋  豊田店

⑨松坂屋  上野店

⑩松坂屋  静岡店

⑪松坂屋  高槻店

⑫鳥取   大丸

⑬高知   大丸

⑭博多   大丸

⑮下関   大丸

⑯浦和パルコ大丸店

以上、大丸松坂屋百貨店 16店舗。

各店 バレンタインコーナーにて取り扱う予定です。

発売日は店舗によって異なります。
詳細につきましては各店舗にお問い合わせくださいませ。

大丸東京店では、130日(金)より発売開始いたします)

⭐︎大丸ホームページ

http://www.daimaru.co.jp

⭐︎松坂屋ホームページ

http://www.matsuzakaya.co.jp

 

 

あけましておめでとうございます!

本年もどうぞ宜しくお願い致します!

 

f:id:yuki_koi:20141231122124j:plain

年末年始はバンコクにおります。

 

f:id:yuki_koi:20141231122153j:plain

滞在先は、32階建てのコンドミニアム。

川を挟んでマンダリン オリエンタルがあります。

f:id:yuki_koi:20141231122315j:plain

川沿いなので絶景ですが、ベランダのテラスに出ての眺めは、高所恐怖症の自分にとっては、なかなかスリリングではあります。;

 

数日間の滞在中のうちに夜景を見ながらシャンパンなど飲めたら、と思います。(*^_^*)

 

 

今回の滞在先は、

airbnbで探しました。

https://m.airbnb.jp/s

世界中のお部屋のオーナーさんと、旅行者とのマッチングサイト。

 

今回初めて利用して、ホテル並みの美しいお部屋が非常にリーズナブルに借りられることがわかりました。

f:id:yuki_koi:20141231122436j:plain

日本人観光客は評判が良いと言われております。お部屋のオーナーさんからは割と歓迎されるのではないでしょうか。皆様も海外滞在の際はチェックしてみられると良いかも知れませんね。

f:id:yuki_koi:20141231122538j:plain

お部屋はお洒落なエスニックモダンのような感じでした。神棚があるのがタイらしいです。

有名人慈善絵馬展に参加します(1/1〜1/7)


f:id:yuki_koi:20141231102942j:plain
会期 2015年1月1日−1月7日 9:00−17:00
稲毛神社(川崎市)
http://takemikatsuchi.net/index.html
報徳二宮神社(小田原市城内)
http://www.ninomiya.or.jp/
参加者一覧
http://takemikatsuchi.net/info/ema2.html
お正月恒例の「毎日新聞社主催・有名人慈善絵馬展」が、来年1月1〜7日まで、両神社にて開催されます。
小石川ユキもリボンのひつじちゃん絵馬で参加しています。(おとなカラーバージョン)

画家・書家・芸能人など各界で活躍する有名人の手による、大型絵馬200枚を境内に展示。 展示された絵馬は、入札によりご希望の方へ授与され、益金は社会福祉事業に寄託されます。(HPより)

色々なジャンルの方々が描いた絵馬は、絵あり、書あり、写真ありと、バラエティに富んでいて、見ていてとても楽しい展示です。

どうぞお散歩がてら見にいらしてくださいね。(ちなみに稲毛神社では私の絵馬の販売もしています。)






ひつじの絵馬が1/1より販売!

ご無沙汰しています。ユキです。

このシーズン恒例となりました
小石川ユキのつくる

ザ・絵馬!

2015年のお正月も小石川ユキデザインの
絵馬を以下の2神社で販売いたします。

☆日枝神社 (東京・赤坂)

☆稲毛神社 (神奈川・川崎市)

頭にちょこんとリボンをつけた
5匹のヒツジさんのデザインです。

f:id:yuki_koi:20141231095236j:plain

『ヒツジだよ☆全員集合!』




中サイズ、小サイズと2種類
それぞれの神社で数百枚ずつの販売になります。
2015年1月1日販売開始。

(数量限定品のため、早めに売り切れてしまう可能性が高いです。ご希望の方はどうぞご注意くださいませ。三が日のうちがオススメです。)


今回のデザインですが、
・5匹の羊(五穀豊穣)
・黄色い小槌(金運上昇)
・散りばめた小判(金運さらに上昇)
・蝶々&お花(魅力度UP)


おめでたいシンボルのメガキャノン砲。
皆様の2015年のお願いを叶えるお手伝いをと心をこめてデザインいたしました。

こちらはお持ち帰り可能なタイプの絵馬ですので、お家に飾ることもできますよ。

みなさまにとって
素晴らしい新年でありますように。
2015年もどうぞよろしくお願いいたします!






『ドール・カルチャー展』(六本木ヒルズ)

 

リカちゃん、バービー、こえだちゃん、ジェニー.....
懐かしの面々が大集合♪

f:id:yuki_koi:20141024171839j:plain

きらきらした木漏れ日。やさしくさわやかな風。10月半ばのある晴れた日に、『ドール・カルチャー展』(六本木ヒルズ)に行ってきました。リカちゃん、ジェニー、バービー、ブライス、スーパードルフィー、こえだちゃんなどなど、懐かしの面々が勢揃いでお出迎え。私たちの世代にとってはまるで『大同窓会☆ショウ』のようです。 


展示には、カラーボックスや透明カプセルなどを用いるなど、見せ方にも色々な工夫がされています。手持ちのカメラでちゃんと撮影できるようにと、人形の背景にも気を使っています。

f:id:yuki_koi:20141024171936j:plain

「おやおや。こんなところにウィリアム王子ご夫妻が…」

 

これは2012年発売の特別仕様バービー人形。セット販売オンリーだそうですので、王子だけ単体で購入して、家にある木彫りの熊と並ばせたいなどと考えている人は注意が必要です。それにしても王族がお人形になってしまうなんて。英国王室は太っ腹ですね。

f:id:yuki_koi:20141024172044j:plain

「いらっしゃいませー。ませー。」
シックな双子のリカちゃん。禁欲的?な黒いドレスにドキドキ。前髪三つ編み&ツインテールが可愛らしい。

f:id:yuki_koi:20141024172144j:plain

「私のあがった口角を見て!」
とても前向きな印象を受けるバービーさん。ヘッドドレスやお洋服がゴージャス。

f:id:yuki_koi:20141024172253j:plain

ファッショナブルなバービー人形のコーナー。ひとつひとつをじっくり見て行きたい衝動にかられます。シャンデリア、靴箱、ピンクのソファー、足元のプレゼントの箱など、小道具にも作り手さんの気合いが感じられます。

f:id:yuki_koi:20141024172347j:plain

復刻版バービー。ブルーアイシャドウにはっきりとしたアイラインがたまりません。

f:id:yuki_koi:20141024172428j:plain

「こえだちゃんと木のおうちシリーズ」もありました。なつかしい!奥に見えるのはパールちゃんですね。よく遊んだなあ。

f:id:yuki_koi:20141024172747j:plain

60sのぬいぐるみやポーズ人形なども。


各お人形には、その時代のファッションや流行のメイク、色使いなど、様々な歴史背景が投影されており、文化的な側面から見るとまた違った楽しさがあります。
時間をかけて展示を見て回ったので、見終わった頃にはすっかり暗くなっていました。おかげさまで展望台からの美しい夜景も堪能することができ、ちょっとお得な気分に。

 

『ミシェル・ゴンドリーの世界一周』(東京都現代美術館)

f:id:yuki_koi:20141016134904j:plainフランス人映画監督、映像監督、脚本家、ミシェル・ゴンドリーの大規模な企画展がやってきました。ゴンドリー氏は、『ムード・インディゴ』など可愛らしい映画を撮る映画監督ですが、音楽漬けの十代を送った私にとっては、「独特な感性でかっこいいミュージックビデオを撮るひと」というイメージのほうが強いです。
ローリング・ストーンズ、ビョーク、シェリル・クロウ、フー・ファイターズ、レニー・クラヴィッツ、ブラック・クロウズ、ポール・マッカートニーetc...
私がちょうどMTVをよく見ていた時代(80年代半ばー90年代)ともかぶるので、こうしたアーティストの名前を見ると懐かしいなあと思うのと同時に、非常にわくわくします。

 

会場では、ゴンドリーさんが描いた1000人のポートレイトがお出迎え。圧巻です。「ひとつ20ドル(すみません。正確な数字は忘れました;)で描くよー。写真送ってね」みたいな感じで、一般から公募で集めたようです。

f:id:yuki_koi:20141016135958j:plain

表情が楽しく、ひとつひとつ見ていて飽きません。よいお顔の絵がたくさんあるなー。

f:id:yuki_koi:20141024123123j:plain

悩みに悩んで、わたしはこの男の子に一票♪
ノートに描かれたのでしょうか。ゴンドリーさんはお茶目ですね。笑

f:id:yuki_koi:20141024123301j:plain

なぜ『世界一周』というタイトルなのかというのは、ある一つのインスタレーションのコーナーを体験してわかりました。1から19までの番号が振られた中型のプロジェクタが迷路のように並んでいる空間があり、各プロジェクタの下にはGOとSTOPと切り替わる、信号のような装置が置いてあります。各画面にはそれぞれ異なるゴンドリーのミュージックビデオが流れているのですが、信号がGOに変わった途端、ビデオが別のビデオに突然切り替わります。今まで見ていたビデオは左隣のプロジェクタで続きが流れるようになっています。同じビデオを見続けるには、信号がGOにかわるたびに、左隣のプロジェクタへ、左隣のプロジェクタへと移動しなくてはならなりません。映像に合わせて歩みをすすめて回っていると、なんとなく「世界をグルグル回っている」ような不思議な気持ちになってくる....というのが狙いなのではないでしょうか。(このコーナーは撮影不可。)


さてフロアを移動して、こちらは映画『ムード・インディゴ』のコーナー。

f:id:yuki_koi:20141024123747j:plain

映画『アメリ』『ダヴィンチ・コード』のオドレイ・トトゥが出演しています。セットの一部や小物など、シナリオや絵コンテなどが飾られています。このセクションでは、映画を見てから展示を見た方が何倍も楽しめると思いますが、そのようなお時間がなかった方は、せめて予告編を見てからこのコーナーに入ることをオススメします。
今はスマホでいつでも予告編が見られますからね。(笑)

☆映画『ムード・インディゴ』
http://moodindigo-movie.com

 

f:id:yuki_koi:20141024124706j:plain

f:id:yuki_koi:20141024124801j:plain

f:id:yuki_koi:20141024124831j:plain

小物がとにかく細部にわたるまでお洒落なんだなこれが。

...と書いておきながら写真が小出しですみません;

ミッシェル・ゴンドリーの作品展以外に、「ホームムービーファクトリー」という12の映画セットが会場には作られていました。手持ちのカメラやスマホで、これらのセットを自由に使って動画を作れそうです。お友達とワイワイ撮り合うのも楽しいかもしれない。

様々なワークショップなども開かれているようですので、映像にご興味のある方はチェックされてみてはいかがでしょう。

 

 


展覧会|東京都現代美術館|MUSEUM OF CONTEMPORARY ART TOKYO

乃木神社の絵灯籠の会

日も少しずつ短くなり、夜が涼しくなってきましたね。
夕刻の虫の声がコロコロ楽しそうです。

 
秋は私の大好きな季節。
各地でお祭りがあるし、アートのイベントも色々ありますしね。
そして、なによりごはんが美味しい季節。笑
みなさま、それぞれの秋を楽しみましょう。
 
さてさて。
 
昨年に引き続き、今年も
「乃木神社、絵灯籠献灯の会」に参加させていただきました。
今年はちょうど十五夜が間に入るので、うさぎと月の絵などを描きました。
 

f:id:yuki_koi:20141014161650j:plain

私のお隣は、俳優の中尾彬さんの灯籠。可愛らしいお花を描かれていました。そして私の絵を挟んで、知り合いのイラストレーター永崎ひまるさんがりりしい羊の灯籠を。その隣には、魚住りえさん、假屋崎省吾さんの灯籠が見えます。

f:id:yuki_koi:20141014161548j:plain

 
メッセージを書かれている方、絵を描かれている方。
どの灯籠も個性的で見ていて飽きません。
灯籠は全部で100余りあるのではないかと思いました。

f:id:yuki_koi:20141014161805j:plain

境内はオレンジがかった、ふんわりとした暖かい光に包まれています。
虫の声が響く、秋の夜にふさわしい、美しく幻想的な光景です。