小石川ユキBlog「色はにほへと」

日本の色、世界の色、デザイン、イラストレーションあれこれトーク

躑躅色(つつじいろ)

国会図書館の前の道では、ツツジが満開を過ぎた頃でした。
あんまりピンクが美しいので、おもわず写メでパチリ。
 
f:id:yuki_koi:20140602190431j:plain
 
和の色にも『躑躅色(つつじいろ)』という鮮やかな赤紫の色があります。
平安時代から使われている色名だそうです。
 
ツツジは、日本の山野や原野に広く自生している植物で、古代から、貴族の庭園に植えられたりと、日本人にとって身近なお花。他の花に比べて、割と長い期間咲いているところや、白、紫、桃色、黄色など色々なカラーがあるところも好かれる原因なのではないでしょうか。
 
「あらまあかわいい」
などと言って、無防備に花を詰むと、

意外とベタベタする。
 
こんなところも、お茶目で良いと思います。